【もりのゆうえんち】混雑とは無縁!野田市の穴場に行って来ました

もりのゆうえんち

こんにちは!2歳児を持つ30代専業主婦のyukinaです。

少し前から、そろそろ子供を連れて遊園地に行ってみたいなと思っていたのですが、まだまだ手のかかる2歳。本格的なアトラクションには乗れないし、何といっても混雑したテーマパークでは待ち時間を過ごすのも簡単ではありません。ぐずりとあやしの攻防で親子共々ストレスを感じるだけになってしまいそうで躊躇していました。

しかし、1時間ほどで行ける千葉県野田市に「もりのゆうえんち」という小規模な遊園地があることを知り、しかもどうやら口コミによるとここは混雑とは無縁の穴場的スポットであるらしく、ついに息子と初めての遊園地に行くことにしました。

大抵の遊びスポットは大混雑が予想されるお盆の土曜日、本当に混んでいないのだろうかと不安を感じつつも訪れてみた結果、赤ちゃんから小学校低学年くらいまでの子供連れにはとてもおすすめできるスポットであるという感想を持ちました。

今回はそんな千葉県野田市の「もりのゆうえんち」を紹介したいと覆います!

Sponsored Link

待ち時間ゼロ!本当に混雑とは無縁だった

もりのゆうえんち

大型連休であるお盆、しかも土曜日に気合を入れて開園時間の10時半ごろに現地に到着。広い駐車場がありますが、とても風通しが良い感じでした。うん、全く混んでない。目の前で一人しか乗っていないアトラクションが元気よく動いていました。

こちらの遊園地は入園無料で、自由に園内に入ることができるようになっています。乗り物に乗る場合にチケットを購入するか、一日乗り放題のフリーパスを購入するシステムです。

フリーパスは一般2000円、親子一人ずつのセットで3200円なのですが、実は「もりのゆうえんち」の公式ホームページにクーポンがあり、印刷するか携帯画面を提示すれば一般1800円、親子2800円で購入可能です。

乗り物料金がかかるのは3歳以上のため2歳児の息子は無料!(ただし、年齢制限で乗れないものも複数あり。また、当然ですが付き添いが必須で付き添いには料金がかかります。)ということで今回は夫と私の一般2人分のフリーパスを購入しました。

もりのゆうえんち

園内には数か所のりもの券売り場がありましたが、フリーパスの購入ができるのは入口付近にある有人の売り場のみのようでした。フリーパスは腕に巻いてつけるタイプのもので、外してしまうと無効になってしまうというものです。息子に引っ張られたりして少し焦りましたが、結果的に最後取るとき苦戦するくらい協力についていました…。

フリーパスで遊べるアトラクションは観覧車やメリーゴーランドなど全部で11種類。またそのほかに現金を入れて動くバッテリーカーやキディーランド(ゲームセンターなどにある子供向け乗り物)、ゲームコーナー等もありました。

遊園地としては小規模で、また何とも言えないレトロというかチープというか、昭和の香りが漂うのですが幼い子供には十分楽しめる遊園地だと思います。

以下、利用料金と共にアトラクションの感想をご紹介します。

ジャイアントホイール(観覧車)

もりのゆうえんち

利用料金500円(2歳以下無料)

遊園地のシンボルと言えばやっぱり観覧車。1週13分でなかなか高くまで上がります。近代的な観覧車とは違って空調や放送はなく、昔ながらの観覧車といった雰囲気です。夏場だったためか乗る際に動物柄のうちわを貸してくれました。2歳児は無料で乗ることができました。嬉しい。

メリーゴーランド

もりのゆうえんち

利用料金300円(2歳以下無料)

こちらも遊園地の定番、メリーゴーランド。豪華な見た目とレトロさが良い雰囲気です。一部壊れて交換したと思われる馬が何体かいて、ひときわ白さを放っていました。ゆっくりと回転する土台と上下する馬、控えめなBGM。支えてあげる付き添いの大人がいれば赤ちゃんでも乗れる優しいアトラクションです。息子も楽しかったようです。こちらも2歳以下無料。

わくわく飛行船

もりのゆうえんち

利用料金300円(2歳以下無料)

飛行船型のゴンドラに乗って空を回るアトラクション。可愛らしい見た目に反して、意外とよく回ります。回転に弱い夫は乗船後「もう乗れない」とコメントしていました。回転が平気な私は風が気持ちよく、とても気に入りました。2歳以下でも乗れる中では一番激しい部類に入ると思います。

ドルフィンパラダイス

もりのゆうえんち

利用料金300円(2歳は無料)

イルカ型の船で進む子供向けのプチ急流すべり。こちらは2歳以下は乗れませんので、ジャスト2歳の子のみ無料で乗ることができます。何とも可愛らしいと言うか、非常に平和なアトラクションでした。プカプカと揺れながらゆっくりとコースを進み、ほんのり上ってふわっと下る急流というより緩流すべりという感じでした。2歳の息子は水の上を行くのがとても気に入ったようで楽しそうでした。大人には物足りないですが、子供が喜んでくれたので良かったです。

アンチックカー

もりのゆうえんち

利用料金300円(2歳以下無料)

自動で進むレトロな見た目のクラシックカーに乗るアトラクションです。木陰になっているエリアを進むので真夏ですが涼しく快適でした。画像に少し写っていますが、昔の遊園地にあったね、と言うような置物がところどころに置かれていて、その何とも言えない雰囲気がノスタルジックでした。中には「何だこれは…」という投げやりな置物もあり、まあ、そこも楽しめました。スピードが予想よりも早く、割とあっと言う間に終わってしまいます。フリーパスだから何回でもすぐ乗れますが。

おとぎ列車

もりのゆうえんち

利用料金300円(2歳以下無料)

遊園地の端を走る汽車型の乗り物です。ルートは外から丸見えなんですが、アンチックカー同様置かれている置物の投げやり感にむしろ笑ってしまいました。お金を入れて動く子供向け乗り物だったものをリサイクルして置物にしていたりして…。でもそれは大人の目線なので、子供はとても楽しんでくれていました。赤ちゃんでも乗ることができます。

カード迷路ぐるり森大冒険

もりのゆうえんち

利用料金400円(2歳以下無料)

キャラクターカードを使った迷路です。スタート地点で「冒険の書」という紙をもらって、迷路内のポイントで出題されるなぞの答えをスタンプで押していきます。全問正解するとキャラクターカードをもらい、それを使ってゲーム機でボスと勝負できます。勝利するとグッズがもらえるようですが、負けました…残念。2歳児には全く理解できませんので大人が遊びました。ちなみにフリーパスでは3回まで入場できます。これは小学生くらいの子だったら夢中になるかもしれませんね。カードの種類が豊富なので集めがいがありそうです。

2歳以下が無料で利用できるアトラクションは以上が全てです。この他現金を使って遊ぶものは色々とあります。

もりのゆうえんち

サファリペット。現金200円。

昔の遊園地によくあったイメージの動物型のりもの。子供は喜びます。

もりのゆうえんち

バッテリーカー。現金200円。

こちらも懐かしのバッテリーカー。大人はおしりがきついんですよね。

もりのゆうえんち

キディーランド。現金100~200円。

ゲームセンターにあるような子供向けのりもの。遊園地で乗らなくてもいいよ…と大人は思うのだが子供は乗りたがってしまうアレだ。商売上手ですね。

その他にゲームコーナーもありました。

宝探しトレジャーコレクション

もりのゆうえんち

利用料金500円

宝石か化石を選んで、バケツの中に入っている泥(?)を洗い流して宝を見つけるアトラクション。フリーパスで1回できるので夫と共に宝石を選んでトライ。簡単です。本物の宝石や化石が入っているので女の子は宝石、男の子は化石にドキドキするのかな?石が好きな息子も宝石に満足の様子でした。

スーパースイング

もりのゆうえんち

利用料金300円(身長120㎝以上)

唯一の絶叫系アトラクション。高速で回転しながら上下します。2歳児はもちろん乗れないので夫と順番に一人ずつ乗りました。なかなかスリリングですが、爽快感もありました。回転に弱い夫は30分後もフラフラしていました。(でも、乗るんだなァ…)

サイクルモノレール

もりのゆうえんち

利用料金300円(3歳以上)

遊園地によくある高いところにあるレールを走る2人乗りの自転車です。楽しいのですがこれは3歳以上という年齢制限があったので息子は乗れませんでした。レールが中央にしかないので私は乗っているとちょっと怖いと思ってしまうんですよね、特に1人で片方にだけ重さがかかっている状態だと…。でも高いところから園内を見渡せて気持ちがいいです。

ドラゴンコースター

もりのゆうえんち

利用料金300円(5歳以上)

ドラゴン型の小さなコースター。短いコースを3周します。こちらは5歳から乗ることができるようです。大人には大したことありませんが、初めてコースターに乗る子供には刺激的かもしれませんね!息子は当分乗れません。

幼い子を連れての遊園地におすすめ!

時間が経つにつれて少しずつお客さんも増えてきましたが、お盆真っ盛りだというのに混雑とは程遠いくらいの混み具合でした。アトラクションに乗るのに待つことは殆どなく、ストレスは全くありませんでした。それでいてさみしくない程度にはお客さんがいたのが良かったです。この分だと普段の平日なんかはもっともっと空いているわけですよね。

園内にはレストランなど飲食できる店はありませんが、近隣にイオンノア店や飲食店がいくつもあるので困らないと思います。わが家は近くにあった星野珈琲店でランチをしてから再び遊びに行きました。

2歳の息子が乗れるアトラクションには2回ずつくらい乗り、たっぷり遊んでから夕方「もりのゆうえんち」を後にしました。初めての遊園地をとても楽しむことができて大満足です。小規模ながら小学生くらいまでは十分楽しめると思います。(高学年の子にはちょっと物足りないかな?)

特に赤ちゃん~幼児を連れて遊園地に行きたい時にはおすすめできます!また、オムツ替えや授乳室は近くのイオンノア店か、トイザらス内にありましたのでそちらを使わせてもらいました。

アトラクション紹介に利用料金も載せましたが、個別にチケットを買って乗るには全体的に高く感じます。ので、ちょっと寄って乗るだけ、という場合でないならフリーパスを買って気兼ねなく遊ぶ方がおすすめかなと思います。

混んでいない遊園地、千葉県野田市の「もりのゆうえんち」。また遊びに行きたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする