【入園グッズ】手作り?購入?値段とメリット・デメリットを考えてみた

入園グッズ 手作り レッスンバッグ シューズバッグ 男の子

産まれたばかりだと思っていた小さな赤ちゃんも気づけばもうすぐ幼稚園入園。

嬉しい反面、ずっと一緒に過ごしてきたお母さんはちょっと寂しくもあったりするのではないでしょうか。

来年入園予定の息子を持つ30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは!

私も、一人の時間が持てる!と嬉しい反面、常にいた息子と離れるのがちょっと心配でもあるんですよね…

さて、そんな入園を控えて意外と大変なのが幼稚園の入園グッズを揃えること!

レッスンバッグやシューズ入れ、体操着入れにお弁当・コップ袋…

手作りを指定している園もあるそうですが、多くの園はとりあえず用意できればOKというところが多いと思います。

子供の入園グッズ、手作りするか既製品を購入するか悩むお母さんも多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩ましい入園グッズにかかる手間や値段について考えてみたいと思います!

Sponsored Link

どっちが安い!?手作りor購入

さて、入園グッズを揃えるに当たって、手作りが得意な人はおそらく迷わず手作りをして、また裁縫が全くできない!という人も迷わず購入を選ぶと思います。

その中間層、私のような

裁縫が得意ではないけど、作ってあげるのもいいかなぁ…

と思っている人、結構いるのではないでしょうか。

手間に関しては当然手作りの方が大変です。既製品は買えば終わりですからね。

ただ、手作りにはお母さんの愛情や世界に1つのオリジナルであるという、既製品にない魅力があるのも事実。

子供もお母さんの手作りを喜んでくれたりするんですよね。

そこで気になってくるのがそれぞれにかかる値段ではないでしょうか。

もちろんどちらにするにしてもピンキリではありますが、一般的な価格を考えてみましょう。

手作りにかかる費用は?ミシンの有無は重要

まず、手作りを考えるならやっぱりミシンが欲しいところです。

手縫いでも作れないことはありませんが、全てを作るのにはかなりの時間がかかりそうですね。

持っていれば問題ありませんが、ない場合はミシンの購入費用からかかってきます。

ミシンの値段も相当な幅があり、入園グッズを作る程度なら1万円程度のミシンでも十分使えるものはあります。(安すぎるとキルティングなど厚い素材が難しいようです)

ただ、入園グッズを作ってお蔵入りするのではさすがにもったいない上高くつきすぎるので、今後も使うのであれば一台あるのは良いかもしれません。

(※迷った末私は手作りすることに決めたので、ミシンを購入しています。)

シンプル&パワフル!シンガー Amity SN20A

入園グッズを作るのに十分な機能を備えたうち、お値段が手頃なシンガーのAmity。口コミを見て購入を決めましたが、フットコントローラー式でとても使いやすいです。

ミシンがあれば、あとは材料費のみです。

布の素材・プリントによって値段の差があるのでいかに安く入手できるかでかかる金額は変わってきます。

そして、キャラクターものの柄を使うとそれ以外のものより高めになります。

手芸店やネットショップなどで激安で生地を入手できれば安く仕上げることも可能ですね。

レッスンバッグ、シューズ入れ、体操着入れ、お弁当袋、コップ袋の5点を作ったとして、大体2000円~といったところでしょうか。

こだわって作ればどこまででも高くなりそうですが…

近くに手芸店がない場合、ネットでも入園グッズ用のかわいい布はたくさん売られています。

2017入園・入学コーナー 服地・布地のマツケ

既製品を購入するといくらかかる?どんなものを求めるか

さて、次は既製品を購入する場合を考えてみましょう。

既製品といっても、イオン等の量販店で買ったり、ネットショップで買ったり、またオークションやフリマ等で手作りを買う方法、オーダーメイドする方法など様々で、値段も非常に幅広くなります。

最安で考えるなら100均でもコップ袋や体操着入れになりそうな袋はありますが、さすがにレッスンバッグ等は厳しそうです。

量販店では、シンプルなデザインのものが比較的安価で売られています。300~800円程度ものもありました。トータルで揃えると2000円台くらいでしょう。

ただし、これくらいの値段だとデザイン的にはあまり凝っていないイメージでした。

ネットショップでは様々な商品が売られていいて、自分好みのものを簡単に見つけられるのが良いですね。

入園・入学グッズに特化して、アイテムのバリエーション豊富なショップもあります。

入園入学グッズやキッズ向けアイテム COLORFUL CANDY STYLE

ハンドメイド品を購入する場合、手作り品の通販サイトを見るとレッスンバッグで2000円台くらい、シューズバッグとセットで3500円くらい、5点セットで6000円くらいが多そうでした。

生地などの材料費+製作者の手間代と考えると妥当なところなのかもしれません。

また、ヤフオク等のオークションサイトでも手作り品は出品されていて、そちらではもう少し安いお値段でも購入できそうでした。(レッスンバッグ1000円~)

もちろんハンドメイド品は作れるならば自分で作った方が安くなりますね。

そして、プロによるオーダーメイド品。

これがおそらく一番高くなるでしょう。

全てオーダーメイドで作ってもらうと生地・仕様にもよりますが1万円~かかってきそうです。

ただ、サイズ・デザインなども含めて全て指定できること、品質が高いというのはメリットですね。

アイテムにこだわる人向けです。

手作り・購入それぞれのメリットデメリット

一言に手作り、既製品購入と言っても色々なパターンがありました。

ここではそれぞれのメリットとデメリットをあげてみたいと思います。

手作りのメリット

・完全に自分の求めるデザインで作ることができる

・子供・親の思い出になる

・材料をうまく選べば安く作ることも可能

追記:1年経過して、その間に手作りのアイテムを2種類作り直しました。サイズ感を変えたかったためです。園で最初に指定されていたサイズで作っていたのですが、実際荷物を入れてみるともう少し大きい方がいいなぁ…と感じたので。しっくりこなかった場合に作り直しができるのは手作りのメリットだと感じました。購入だとまた買うのか…という感じですが。

今後、小学生になっても新しく作りなおすと思いますし、ミシンを購入して良かったと思っています。

ちなみに、当然ですが2回目に作ったものは1回目よりもとても上手でした(笑)

また、一通りの通園グッズを手作りしたことで基本的な裁縫スキルが身についたため、簡単なものは安い生地を使ってササっと作ってしまえるようになったのは嬉しいです(^^)

手作りのデメリット

・手間がかかる

・ミシンや裁縫セットなどを持っていない場合、様々な道具を購入する必要がある

・スキルによって出来が左右されることも

購入のメリット

・手軽で手間がかからない

・市販品ならば一定以上の品質が保証される

・ハンドメイド品の場合上手くすれば気に入るデザインを安く買えることも

購入のデメリット

・自分の求めるデザインがない場合もある

・大抵の場合凝ったものになるほど値段が高くなる(オーダーメイド等)

・思い入れは浅くなるかも

と、大体こんなところでしょうか。

どちらも一長一短あるので、状況に合わせてどちらにするか考えると良いですね。

管理人は色々とリサーチした結果、思い出にもなるだろうと手作りに挑戦することに決めました。

入園グッズ等手作り記事はこちら

【入園グッズ】意外と簡単!?初心者が手作りしてみた!(レッスンバッグ・シューズバッグ)
来年、幼稚園入園を控えた息子を持つ30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは! 入園が決まってから、世のお母さん方を悩...
【男の子入園グッズ】移動ポケットと体操着入れを手作り!初心者主婦、裁縫にハマる
来年子供が幼稚園に入園する予定の30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは! 幼稚園の入園グッズ、買うか作るか迷った末...
100均のダブルガーゼで子供用マスクを手作りしてみました!【キャンドゥ】
いよいよ本格的な冬に入ってくる季節になりました。 この季節はやっぱり風邪が心配ですよね。 30代専業主婦、一児の母の管理...

入園から約1年、幼稚園児と過ごす専業主婦のタイムスケジュールの紹介もしています(^^)

幼稚園児を持つ30代専業主婦の一日のタイムスケジュールはこんな感じ
今年、幼稚園年中に上がる4歳児を育児中(ついでに第2子妊娠中)の30代専業主婦の管理人yukinaです。 社会は一億総活躍時代...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ