幼稚園児を持つ30代専業主婦の一日のタイムスケジュールはこんな感じ

今年、幼稚園年中に上がる4歳児を育児中(ついでに第2子妊娠中)の30代専業主婦の管理人yukinaです。

社会は一億総活躍時代だとか叫ばれていますし、ネット上では専業主婦に関して色々と厳しい意見も多いですが、実際に幼い子供を育てながら生活している私の周りでは専業主婦のママは結構多いです。

今年度幼稚園に年少から入園した息子の同級生の家庭は9割近く専業主婦のお母さんのように思います。

幼稚園は保育時間も短いのでパート程度で働くにしても色々と時間的な制約もありますし、特に入園したての年少さんのママは子供がきちんと幼稚園に慣れて安定して通園できるかなど心配も多いと思います。

約1年、子供が幼稚園に通う生活をしてきて私の一日のタイムスケジュールが大体定まりました。

もちろん園によっても家庭環境によっても大分違ってくることですが、お子さんを幼稚園に通わせようと考えているお母さんには自分の生活がどんな風に変わるのか気になるところではないでしょうか。

今回はそんな幼稚園児持ちの30代専業主婦の管理人の一日を(ついでに幼稚園にかかる費用的なお話も少し)ご紹介してみようと思います(^^)

※あくまで個人的なものですので参考程度にお願いいたします;

Sponsored Link

幼稚園児と過ごす母のタイムスケジュール

はじめにざっくりと書いてしまうと、特に予定のない日はこんな感じが基本になります。

6時台後半~7時 起床。洗濯、朝食(子供のお弁当)、登園準備

8時半 家を出る(8時40分~9時の間が登園時間)

9時 子供を送った足で買い物

10時 食器片付けなど朝の残りの家事、フリータイム(在宅ワーク)

13時45分 幼稚園へお迎え

14時半 子供と帰宅、おやつ休憩

15時半 子供と遊ぶ(季節や気分によって外遊びだったりお部屋遊びだったり)

17時 夕食準備、お風呂準備等その日の家事

18時 子供と入浴

19時 夕食、後片付け

20時~ 早ければ夫帰宅(日によって帰宅時間はまちまち。遅ければ12時過ぎることも)

21時 子供を寝付かせるため寝室へ(寝るまで)

22時 次の日の準備、フリータイム(在宅ワーク)

24時 就寝

もちろん日によって変わってきますが大体こんな感じの一日を過ごしています。

書いてみるとまあ比較的ゆったりと過ごさせてもらっているなぁ、と思います(^^;)その時その時はあっという間で「もうお迎えだー!」とか思っているんですけどね…。

子供が幼稚園~帰宅までの間は、同じ幼稚園のママ友たちとお茶をすることもありますし、園の役員もしていますので幼稚園でのお仕事を少々する日もあります。

あとは妊婦なので病院での検診等も大抵子供が幼稚園に行っている間に済ませています。

正直幼稚園は保育時間が短いためあっという間にお迎えだと感じていますが、それでも幼児が常に一緒にいる生活とは違って大人1人での時間が持てるため、かなり楽になります(^^)

しかしそれは一人っ子の場合。

私も下の子が産まれたらこの生活もかなり変わり、忙しくなりそうですね…。

反対に、一番下の子が幼稚園に上がった…というママ友は今の私と同じく子供がいない1人の時間が取れるようになったので楽になった~と言っています。

現在の私の自由時間は主に子供が幼稚園に行っている間の約4時間(幼稚園は9時~14時で5時間ですが、送り迎えの時間や買い物等を考慮すると4時間もない場合が多いですが…)と、夜、子供が寝てからの約2時間です。

毎日ではありませんが、この中から少々在宅ワークの時間も取って専業主婦ながら少しだけお金を稼いでいます。

30代専業主婦、在宅ワークで幼稚園の費用を稼いでます。家で仕事するメリットとデメリット
4月から年中に上がる幼稚園児を育児中、ついでに第2子妊娠中の30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは! 我が家は私が...

パート等決まったシフトでのお仕事は難しいけど少しでも稼ぎたい!という主婦にはオススメです(^^)

向き不向きはあるかとは思いますが、管理人は毎月幼稚園の基本保育料くらいは賄える程度の収入にはなっています。ありがたい。

幼稚園でかかる費用などの話

我が家が選んだ幼稚園は家から徒歩12分程度の場所にある私立幼稚園です。

住んでいる地域的に公立の幼稚園は通える範囲にはありません…ので選択肢は全て私立の幼稚園になりました。

我が家は専業主婦家庭ですが、別に全く裕福なわけではないので、基本的には削れるところは削りたい派です(笑)

そんなわけで、家から比較的近くバス通園する必要のない距離にある現在の幼稚園を選びました。

バス通園には大抵の幼稚園は別料金で有料です。

月に数千円程度ですが年間の費用とするとそれなりの金額になりますし、何より幼稚園というのは結構親の参加するイベントが多いので親も出向くことが多くなる傾向にあるんですよね。

もちろんその幼稚園を選んだ理由は近いだけではなくて内容も見て納得しての上の話ですよ(^^;)

私のこだわりが強くないのはその通りですが、早生まれで比較的おっとりした息子に合った優しくゆるやかな園だったので良いなと思いました。

ということで、我が家では朝、母親である私が子供を幼稚園に直接送って行きます。

現在は妊娠中のため徒歩通園ですが、通い始めた当初は電動自転車を利用していました。

車は駐車場がなく、近隣の方の迷惑になるため基本的には不可。

子供を乗せての自転車は結構大変なので電動自転車はあるととても便利です(^^)

子供が通う私立幼稚園の基本保育料は毎月約25000円です。

これにプラスして必要な場合バス通園代給食費保護者会費がかかってきます。

当初、給食は頼まず毎日お弁当を持たせていましたが、妊娠後つわりが酷く、その時期から一時的に給食を頼んでいます(^^;)

給食費は310円/1日で、給食のある日数をかけて計算し後払い制になっています。

保護者会費は月500円で、イベントや子供たちへのプレゼントなどに使用されたりします。

また、これは最初だけですが、入園の際には入園金や制服代、教材費などで一度に10万円以上かかりました。

進級する年度のはじめにも少々かかってくる施設利用費(確か1万円程度…)などもありますね。

このほか幼稚園内での習い事などをする場合は結構な額の月謝になります。

子供の通う園である習い事では例えば体操教室で7000円程度、書き方教室で4000円程度、など…。

それまで家で完全に子供を見ていた家庭ではひと月にかかる金額がざっくり3万円前後は上がるので、それほど余裕で回していたわけではない場合ちょっとキツイですね(^^;)

我が家でも毎月の貯金額が少し減っています…これはもう仕方ないですが…。

ただ幼稚園に通う子供の補助金なども多少はあります。

この辺りは家庭の収入額によっても変わってくるところですが、非常に助かります(笑)

幼稚園生の習い事事情

幼稚園児くらいの年齢になってくると習い事をしている子も結構いると思います。

年少の間は幼稚園に慣れることが一番と考え、我が家では習い事は現在していませんが年中以降1つか2つ程度の習い事に通わせることも検討しています。(お財布と相談!)

幼児期には学習系のものは母親でも教えることが十分に可能、また、おっとりした子供なので自信をつけたり心身を鍛える目的で運動系の習い事を候補にしています。

運動系の習い事はちょっと私では教えるのが難しそうなので(施設的にも、技術敵にも)月謝を払う価値があるかな…と思っています。

体操教室スイミングは幼児の習い事として人気もありますね。

また、ピアノなどの芸術系分野も興味があればいいなと思います。

習い事は大体週1回一時間程度だとしても6000円~あたりが平均的な金額でしょうか。

決して安くはないですよね。

いずれ年齢が上がれば塾等にはいかなければならない場合が多いことを考えると、学費計画はよく考える必要がありそうです(^^;)

幼児ポピー無料お試し版→入会!安くて良質な幼児向け教材【口コミ】
早生まれ年少児を持つ30代専業主婦(ついでに第2子妊娠中)の管理人yukinaです。こんにちは! 赤ちゃんが幼児になってくると...

我が家では学習面では家庭学習教材を利用することにしました。

使用しているのは「幼児ポピー」です。

かなりリーズナブルで楽しい教材なので、費用を抑えながら子供の学習面も鍛えていきたい方におすすめです。

無料お試し版から入会までのレビュー記事も書いていますのでよろしければどうぞ。

まとめ

子供が幼稚園にあがると専業主婦の場合タイムスケジュールに少し余裕が出て、昼間に自由時間が少しできます

とは言っても幼稚園は親の参加や午前保育、平日休みも多く子供と過ごす時間はやっぱり多いです。

幼稚園は教育機関なので様々なイベントで子供の成長を促してくれるので年少1年間でずいぶん変わったなぁと思います。

管理人はもうしばらくは専業主婦として(在宅ワークはしつつ)家庭でできることをしながら過ごす予定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ