30代専業主婦、在宅ワークで幼稚園の費用を稼いでます。家で仕事するメリットとデメリット

4月から年中に上がる幼稚園児を育児中、ついでに第2子妊娠中の30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは!

我が家は私が専業主婦なので子供は幼稚園に通っています。

地域に公立の幼稚園はないので私立ですね。

子供が幼稚園に通うようになると当然費用が発生するのですが、その幼稚園代でなかなか思うように貯金ができなくなった…という話をよく聞きます。

もちろんド庶民の我が家も例外ではなく、毎月の支出が数万円増えてしまったことによって貯金を計画通りに進めていくのって本当に難しいなぁと思い知らされました。

そんな中、子供が幼稚園生活に慣れてきた年中さんに上がるタイミングでパートのお仕事を探し出すお母さん方も結構います。

でも、子供が幼稚園のお母さんって本当にあまり働く時間がないと感じます。

基本的に早く帰ってくるし、午前保育もしょっちゅうだし、お休みは多いし、イベントでの親の出番も結構あります。

例えば祖父母が近居で子供の面倒を見てくれるとか、シフト的に融通の利く仕事でないと採用されるのも難しく、かつ採用されても突然の子供の発熱などで急遽休んだり…と自分の体調管理だけではどうしようもない事態で気疲れしたりと大変なことがたくさんあると思います。

でも、それでも少しでも家計の足しにしたい!と働くことを選ぶお母さんって偉いと思います。

私も出産を機に専業主婦になったのですが、当初は子供がある程度大きくなったらパートに出て…と考えていました。

我が家は妻側の実家に比較的近い位置に住んでいて、父母にはとてもお世話になっている恵まれた環境にいるのですが、同居の祖母も高齢になり母は家族のお世話に忙しく働いています。

そんな状況なので幼い子供をちょこちょこ預けてパートする…というのもちょっと無理だと思っていましたし、しかも現在私は2人目の子供を妊娠中。

まず採用される状況でもありませんね(笑)

でも、数年前から始めた在宅ワークのおかげで少しながら毎月収入があります。

おかげで多くはありませんが子供の幼稚園費用を賄えるくらいの収入を毎月得ています。

在宅ワークは家で時間的な融通の利く働き方で、幼い子供のいるお母さんには非常に助かる仕事ですが、もちろんメリットだけでなくデメリットもあります。

今回はそんな私の在宅ワーク事情について紹介してみたいと思います(^^)

Sponsored Link

出産を機に専業主婦に…子供の成長と共に在宅でできる仕事探し

出産前は中小企業でOLとして事務職についていた管理人。

色々な事情も重なり、出産を機に退職し専業主婦となりました。

出産後は初めての子供のお世話で1年ほどは非常に慌ただしい日々を送っていました。

その期間は子供のことでいっぱいいっぱいで、また、働いている人でも育休の時期だし…とあまり働いていないことを気にする状況ではなかったのですが、子育てに少しだけ慣れてくると先のことを考え出す人も多いんじゃないでしょうか。

専業主婦ってお金を使うのも何となく気を使いますし、自分の自由になる、気兼ねなく使えるお金が欲しいな~と思うようになりました。

当初はアンケートサイトなどを利用してプチ稼ぎをしていましたが、収入は微々たるもので大きく稼ぐのは難しかったです。

その後、現在まで続けているいわゆるクラウドソーシングを利用した在宅ワークを始めましたが、機会があり合間にウェブ漫画作成のお仕事なんかも経験しています(笑)

pixivで仕事依頼されて漫画を描く仕事をした話
子持ち主婦が一度は憧れる在宅での仕事。 子供を見ながら自宅でちょこっと仕事もできたら一番良いのにな、と専業主婦の私もよく考えたりします...

その時のこともちょっと記事にしています。

在宅の仕事というと、まず思いついたのが昔ながらの内職

しかしこれは単価が非常に安いと言われていますし、口コミなどでも納期がタイトだったりして徹夜した…など、結構ハードな面もあるようです。

大抵の内職はあまり稼げないと言われています。

もう20年以上前になりますが、私の母がまだ私が幼かったころに内職の仕事を一時期していたので見ていたのですが、その後割とすぐに外でパートするようになっていました(笑)

そんな昔でもあまり稼げない感じだったようですね。

そのほか、特殊なスキルや前職のツテなどがあって在宅で仕事をする場合もありますよね。

これはやりたいと思っても誰でもできるものではないためハードルが高いとは思いますが、金額的には一番稼げる分野かもしれませんね。

先ほどの私が少しだけしたウェブ漫画描きのお仕事はある意味この特殊スキルの仕事に当たるかもしれませんが、子供を家で見ながら働けてヤッターとはいきませんでした。

記事内で詳しく書いていますが、片手間にできるレベルのものではなかったです。

超タイトな締め切りと戦って子供を見ていられないくらいでしたので…

ただ、当時はまだ子供が1歳のかなり小さい時期だったのも影響しています。

幼稚園生の今なら幼稚園に行っている間と寝た後の時間がほぼ確実に使えますが、当時は常に一緒でしたし夜泣きもまだありました…

それでも「空いた時間に」という気楽さは全くないと思いますが。

そもそも、特別なスキルがあるわけではない専業主婦が本気である程度の金額を稼ぎたいのなら、確実なのはやはり働きに出ることだとは思います。

基本的に在宅ワークというのは出来高制ですのでパートに出ているように1時間働いたらいくら、という世界ではないので…。

しかしあくまで「子育ての合間の時間で」「少しだけ稼ぎたい」ならば在宅ワークも良い選択だと今は思っています。

ただ、人によって向き不向きもとてもあると感じています。

それが在宅ワークの特徴というか、メリットとデメリットの話になってきます。

向いてる?在宅ワークのメリットとデメリット

ここでは「在宅ワーク」を私が行っているような基本的には「好きな場所で」「好きな時に」「好きなだけ」「特殊スキルがなくても」「出来高制で」できるタイプのお仕事として書いています。

利用するのはクラウドソーシングと呼ばれるお仕事サイトです。

オンライン上でのお仕事の発注になるのでネット環境とパソコンがあれば誰でも参加することが可能です。

募集されているお仕事に参加して報酬をもらうという方式になっているので、自分がやりたい仕事を選んで行うことが可能です。

専業主婦も在宅ワークでしっかり稼げる!「シュフティ」でおこずかいを稼ごう
幼い子供がいて、そばにいたい。 親の介護をしている。 夫の仕事の都合で、または希望で。 などなど、専業主婦をしてい...

クラウドソーシングの仕事イメージと、私が利用しているサイトについてはこちらで紹介しています。

クラウドソーシングのサイトはたくさんあるので、自分にあったものを見つけると良いと思います。(この記事の最後におすすめのサイトを紹介しています)

さて、この在宅ワークのメリットですが、一番は何といっても家でできる仕事であるということですね。

様々な事情で外で働くのが難しいけど収入が欲しい!という状況の方にはとにかくありがたいことですよね。

パートなどの外で働く働き方の場合、絶対の拘束時間があるので、1時間だけ、30分だけ…という働き方は難しいと思います。

できたとしてもそんな短時間ではお金になりませんしね(^^;)移動の手間もすごいし…

その点、在宅ワークでは例えば10分、15分でも、どんなに細切れの時間でもやる気があれば取り組むことができるので、使える隙間時間を繋ぎ合わせてお金に変えていくことが可能です。

幼い子育て中の専業主婦はまとめて時間を作るのは非常に難しいですが、この「細切れ時間」ならばないことはないんですよね。

家に幼い子供を一人置いて出掛けるのは不可能ですが、お昼寝中や就寝中の時間、一人遊びでご機嫌の時間に子供のそばでパパっと仕事を進めることもできます。

つまり、パートなどの場合、本来ならば仕事にならないような時間を使って収入を得られるということなので、在宅ワークはまとまった労働時間を持てない人にはとても魅力的なワークスタイルと言えますね。

また、クラウドソーシングで発注されるお仕事のメインは記事作成(文章書き)が多いのですが、これらはそこまで特別な能力を要するものではないため、普通にパソコンで文章を入力できる人ならば取り組むことが可能です。

特別なスキルがあればそれ以外の個性的な案件に挑戦するのも良いですね。

様々な内容の案件があるため、難しいものもありますが普通の主婦に可能なものも数多くあります。

また、基本的にはいつ、どれだけ仕事するかを自分で決めてコントロールすることができますので突然の急用や子供の病気などで仕事を休まねばならない…等の不都合やストレスの心配がない点も子持ち主婦にはありがたい条件ですね。

…と、ここまで在宅ワークの魅力的なメリットをあげてみましたが、在宅ワークにはもちろんデメリットと言うか、人によっては稼ぐのが難しいと言える部分もあります。

多くはメリットの裏返しになります。

まず、何と言っても在宅ワークは出来高制だということです。

これは後述しますが場合によってはメリットにもなり得るのですが…

まず、パート等で働く場合は基本的に時給制がとられますよね。

確実な拘束時間がある代わりに、一定の決まった収入が約束されています。

私は以前事務職で働いていましたが、それほど仕事が忙しくない時期もありました。

時にはお茶を飲みながら同僚と談笑…なんてことも。(もちろん常識的な範囲内ですよ!)

それでも会社にいた時間、ということで給料はきっちり支払われますよね。

自分の仕事をする必要があるのは当然ですが、きちんと出勤していれば収入に結び付くわけです。

在宅ワークにはこれが一切ありません。

出来上がったものが全てで、そこにかかった時間がどれだけ長くなろうとも、もらえる報酬額は規定の金額になります。

そして、特に慣れないうちは大抵の人が在宅ワークのライティング作業ではそれなりに時間がかかり、時給換算すると低賃金となると思います。

案件によりますが、誰にでもできる比較的簡単なものほど報酬額も低い傾向にありますし、高報酬な案件は求められるレベルが高くなるので専門的なものであったり難しい内容だったりします。

当然と言えば当然ですね。

そのため在宅ワークは決して楽してたくさんのお金が稼げるものではないということです。

家でちょちょいとやって何万円~と気軽にはいきません。

そんなにおいしかったら誰でもやってますしね。

在宅ワークでそれなりの金額を毎月稼いでいこうと思ったら、「きちんと頑張る」必要があるんです。

そして適正もあると思いますが、個人的にその頑張りはパートで働くよりも大変だと感じる方が多いのではないかなと思います。

ただ、これは逆に言うと適正がある人(短い時間でライティングする能力を持っている人)の場合、むしろ効率的に働くことができる可能性もあります。

また、最初の頃はとても時間がかかっていても、数をこなしていくうちに確実にスキルは上がっていくので、文章を書くのが好きでまじめに頑張れるタイプの人であれば後々能力がついてくる場合も多いと思います。

実際能力のある人はウェブライターとしてそれなりの金額を稼いでいるので不可能な話ではありません。

全くの未経験からでも仕事をしながらスキルを磨けるので、そういった意味ではデメリットではなくなってくるかもしれませんね。

もう1つ、在宅ワークを始めてもうまく稼げない原因になるのがメリットであったはずの「好きな時に働ける」という点です。

いつでも良い、というのは拘束力がないため「やりたくないときはやらない」ことができるんですよね(^^;)

パートなどの出勤する仕事であれば、まわりの迷惑にもなりますし突然休んだり、行くのやめた!とはなかなかできないものですが、やらなくても誰にも文句を言われないとどうでしょう…。

在宅ワークでは自律がとても重要になってくるんです。

人間はなかなか怠け者なもので、やった方が良いと思っていてもやらなくてもそれほど困らない大変なことに取り組むのは結構な意思の力が必要です。

在宅ワークを始めたばかりの慣れない時期に、大して稼げない難しい仕事に取り組むのは苦痛な人も多いと思います。

かくいう私もそうでしたので…

そこで、躓いて在宅ワークを諦めてしまう人も多いのではないかなと思います。

現在でもこの自律は完全にはできていません(笑)

隙間時間があってもやりたくないときはなかなかできません!

しかし、ある程度頑張るとライティングスキルの向上によって初期に比べると楽に短時間で収入を得られるようになってくるため、意欲も上がり軌道に乗せることができてきます。

そこまで耐えられるか、も適正があるかどうかですね。

ライティングのお仕事に関しては、文章を書くのが好きではない人にはどうしても向いていないかもしれません…。

私はあまり手を出していませんが、クラウドソーシングのサイトにはライティング以外の内職的なお仕事もありますので自分にあったものを見つけられれば…と思います。

まとめ:在宅ワークは魅力的な働き方だけど、楽な仕事ではない

もともと特別なスキルのなかった管理人ですが、今ではこの在宅ワークのライティング作業などで子供の幼稚園費用を賄うことができるくらいには毎月収入を得られています

パートに出ようと考えている幼稚園のお母さん方と話すと、それほど時間は取れないので月に2、3万円でもいいから…と考えている人も多そうです。

例えば自給900円のパートを子供が幼稚園に行っている間の9時~13時の4時間、週2回で働くと月収は約28,800円。

週3回くらいにすると約43,200円。

これくらいの金額であればまじめに取り組めば在宅ワークでも十分達成可能です。

外に出るよりも家で頑張りたい!という主婦の方には挑戦してみることをお勧めしたいと思います(^^)

私は家で1人でお茶を飲みながら黙々とパソコンに向かって作業するのが割と好きなので、今では結構楽しみながら仕事ができているなと感じています。

適正次第ではパートに出たほうがずっと向いている方もいると思うので、そういった場合は可能ならパートの方が断然良いと思います。

幼稚園ママのパート探しにはシフトワークスが便利です。

曜日、時間帯などの希望シフトでパート探しができる便利アプリです(^^)

細かい検索設定可能。私も落ち着いたらパートも併せて家計を助ける予定…!

最後に、クラウドソーシングのサイトをいくつか紹介しておきますので、在宅ワークに興味のある方はどんなお仕事があるのか覗いてみてください。

会員登録などはもちろん無料で始められ、特別なスキルがなくても初心者歓迎のものが多く試してみることにデメリットはありません。

また、サイトごとにお仕事の傾向もあるので、比べてみて自分にあったものを見つけられると取り組みやすいと思います。

クラウドワークス

有名な日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイト。

Bizseek

お仕事をする際の手数料(報酬から引かれるサイト利用料のようなもの)が安いのが魅力。

shinobiライティング

文章を書くだけの簡単なものが多く、初心者や主婦に向いています。

ブログルポ

体験談や口コミを書くプチライティングサイト。

シュフティ

その名の通り主婦向きの案件も多いクラウドソーシングサイト。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ