イオンのタイムセールがお得すぎる!割引価格からさらに半額で服をゲット

主婦と言えば、スーパー。

イオンによく出没する30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは!

ところでイオンでは恒例(?)のタイムセールの存在をご存じですか?

全国のイオンで開催しているのかはちょっとわからないのですが、私の行動範囲のイオンではよくタイムセールを行っていることがあります。

取扱いは主に服飾雑貨で、シーズン終わりの値引きされたアイテムをさらに安く売る、というスタイルです。

これが、なかなか、かなりお得にお買い物できてしまうんです。

先日イオンを訪れた際にもタイムセールに出くわしたので、今回はそんなイオンのタイムセールの魅力について書きたいと思います。

Sponsored Link

イオンのタイムセールってどんなもの?

イオンのタイムセールはいつやっているのか。

イオンのタイムセールに関しては、特に公式サイト上などでは掲載されていないようです。

また、イオンと言っても店舗によって異なる可能性も高いので一概には言えませんが、火曜市を開催している火曜日にっているイオンが複数あるようです。

私の訪れたイオンでも、火曜日の3時半からのタイムセールが行われており、開始前にアナウンスが入りました。

紳士服、婦人服、子供・ベビー服や服飾雑貨が並べられて、アナウンスに引き寄せられて主婦が群がっています(笑)

並べられている商品は、つい最近の場合ですと値札に割引シールの貼られた冬物がメインでした。

タイムセールの時間中は、その割引後の価格からさらに半額になってしまうんです!

定価よりも既にかなり安くなっている商品も多いので、これは大きいですよ。値段の高いものほど割引額も大きくなりますが、安いものは150円とかのレベルになったりします。

自分自身の服などもですが、子育て中のママには子供用のアイテムはかなりお宝に見えるのではないかと思います。

やっぱりサイズアウトも早い子供の服は安く買えるに越したことはありませんよね。

今までこのタイムセールで子供のTシャツを150円で、インナー2枚組を250円、ミトンも250円、さらに夏の終わりのセールではトーマスの水着を250円でゲットしています。

どれも元値よりも8割を超える値引き率ではないかと思います。

タイムセールで洋服買ってみました!安い!

普段は主に子供用品を見ているのですが、今回ちょっと気が向いて自分用に婦人服コーナーもチェックしてみました。

スーパーの婦人服、と言うとちょっとおばさん向けと思ってしまうイメージもありますが、プチプラ好きな管理人は基本的にブランドよりも好みかどうかを重要視するので安くてかわいいアイテムがあれば買います。(いや、ブランドの服も買えるものなら買いたいですけど)

ということで今回はタイムセールに流れてきた冬物のコートとトップスをゲットしました。

こちらがパール付きのあったかトップスです。

イオンのプライベートブランドpersodea(ぺルソデア)」のものなのですが、このプライベートブランドは雑誌「GLOW(グロー)」とコラボしているようで、スーパーブランドと言えども意外とおしゃれなデザインを扱っているんですよ。

袖口がモコっとしているところがかわいいです。

首の後ろ側にベロアリボンがアクセントについていて、さらにかわいい!

「GLOW」は主に40代向けの雑誌かと思うのですが、結構可愛らしい雰囲気も入っていたりして、30代の管理人は勇気が湧いてきますね~(笑)

こんど雑誌も買ってみようかしら。

こちらのトップスは元値3110円のものが値下げで2030円になっており、そこからタイムセールの半額割引で1015円でした!

このくらいのお値段になると気兼ねなく着れるので普段着として重宝するんですよね。嬉しい!

そしてもう1つ、もこもこのファーコートもお買い上げ。

ホワイトとグレーがありましたが着やすいグレーを選択しました。こういったモコモコはホワイトだとアラサーの私でも微妙に若すぎないか気になったりするのですが、メインターゲットは40代だと考えるとこれまた勇気が湧いてくるというか…でもやっぱりグレー。

これから少し暖かくなってきてから、画像のように上だけ留めたり、前を開けたりして着たいなと思っています。

女っぽ♡」だそうです。うふふ。

そしてこのコートですが、元値は6264円。

何回かの割引で2030円、タイムセールで1015円です!!

ということで2着購入して2030円でした。うーん、安いです。

タイムセールの数十分が終わると元の値段になるので、タイムセールを見かけたらぜひ覗いてみるのをオススメします。

思いがけない掘り出し物を見つけられちゃうかもしれませんよ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする