30代だけど雑誌「大人のおしゃれ手帖」を買ってみた【付録目当て】

大人のおしゃれ手帖 11月号 付録

雑誌の付録に心ときめく30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは!

最近の女性誌には本当によく付録がついていますよね。

というかもうむしろ付録がメインで雑誌がおまけなのか?という感じすらしますが、そんな出版社の戦略に負けて付録目当てで雑誌を買ってしまうこともあります。

今回、本屋さんで付録の見本を見てから長らく気になっていた「大人のおしゃれ手帖」をついに買ってしまいました…

長らく悩んでいた理由は雑誌の対象年齢で、「大人のおしゃれ手帖」はキャッチコピーによると

「“日常のおしゃれと暮らし”を素敵にする40代、50代のライフスタイルマガジン」

そう、4、50代向けの雑誌なんですよね。

管理人はアラサー寄りの30代なので、雑誌の内容的にちょっとどうなのかな~?という思いがあって迷っていたのですが…

890円だし、もういっそ付録目当てで買ってしまえ!と。

というわけで、そんな経緯で購入した「大人のおしゃれ手帖」、せっかくなので付録ともども感想を書いてみたいと思います。

Sponsored Link

欲しかったY’s(ワイズ)の上質お財布ポシェット。ずっしり重い!

大人のおしゃれ手帖 11月 付録 ワイズ お財布ポシェット

お目当ての付録「Y’s(ワイズ)ポケットいっぱい上質お財布ポシェット」がこちらです。

ちょっと付録とは思えない、しっかりとした生地とずっしりとした重み。

なんかもっちりした触り心地に心がときめきます。

ベージュとブラックのバイカラーがかっこいい、オシャレなお財布ポシェットです!

本屋さんで見本を見た際に、「おおっ!?」と思っただけあって、「雑誌の付録」のイメージからはかけ離れた品質だと感じました。

女性誌の付録というと、大体「ああ、付録だな」という生地の感じがあるのですが、これは市販品レベルではないでしょうか。

前情報がなければ人が持っていても雑誌の付録だとは気づかないだろうなぁと思いました。

大人のおしゃれ手帖 11月 付録 お財布ポシェット

お財布ポシェットなので、中はこんな感じになっています。

真ん中に大きな小銭入れがあり、カード入れも12枚分ありました。

小銭入れの前後にお札などを入れられる大きなポケット、奥側にはもう1つポケットがあります。

かなりゆとりのあるサイズ感なので、お財布としてだけでなくスマホや手帳、小物など色々なものを入れられそう!

お金の出し入れも簡単そうです。

大人のおしゃれ手帖 11月 付録 お財布ポシェット

ポシェット背面にもポケットがあるので、スマホはここに入れても良さそうですね。

とにかくコレ1つ持っていればちょっとした外出の際には十分そうです。

私はほぼ子連れで動いているため、これだけで外出する機会は少なそうですが、公園で子供と遊ぶ時などに貴重品のみ手元に持って動けるのはいいなと思っています。

実際、公園でこんな風なお財布ポシェットをかけているママを最近よく見て、あんなの欲しいな~と思ったんですよね…

雑誌付きで890円という値段でよくここまでできるなぁと感心しちゃいました。

デザインも大人アイテムだけあってシックでどんなファッションにも合わせられそうです。

雑誌の販売期間が終了してから使おうかなと思っています(笑)

何となく、本屋さんに並んでいるうちは使いにくい気持ちになってしまう管理人でした。

雑誌の方は少し上の年代向け感アリ。参考にはできる

大人のおしゃれ手帖 11月

雑誌の方は、一通り見てみましたがやはりやや上の年代向けだと感じる雰囲気はありました。

まあ50代も対象年齢に入ってきてるから当たり前ですかね。

内容としてはファッション関連が3分の1程度で、その他レシピや旅行記、裁縫やら小説等の読み物系などが載っていました。

ファッションに関しては、ほとんど体のラインを出さないゆったりシルエット系が主流。

季節的なものもあるかもしれませんが、対象年齢的なものの方が強いかもしれませんね。

30代にはちょっと落ち着きすぎかなと感じるくらいです。

若くても着こなせたらカッコいいかもしれないけど…、いや、30代ならもうちょっと攻めの姿勢もあってもいいかな(笑)

私自身の好みとはちょっと違った方向性だったので、正直に言うとそんなに面白くはなかったです(ごめんなさい)。

やはり自分に近いライフスタイルが扱われていないとイマイチですね。当たり前か。

ただ、別冊付録だった「ストールの巻き方」は、年齢関係なく使えるものだったので参考にして巻いてみたいなと思いました。

特に後半の「シーン別好感度アップの巻き方」に出ていたサイドループ巻きは素敵だと思いました!

ブラックでまとめたコーディネートにネックレスとストールという組み合わせ、トータルの雰囲気で良いなぁと感じるコーディネートでしたね。

初めて買った大人向け雑誌「大人のおしゃれ手帖」、そんな感じで30代の私にはちょっと早いかなという内容でしたが、付録だけでも満足のクオリティでした。

この雑誌を出している宝島社はナチュラル系雑誌「リンネル」を出しているのと同じ会社です。

だからか、「リンネル」と似ている雰囲気のある雑誌だなと感じました。

本の質感とか厚さとか、ほとんど同じ感じです。

付録のレベルが高いところも同じですね。

「リンネル」も付録目当てで買ってしまうことのある雑誌です…

そして内容がそれほど惹かれないのも一緒…ごにょごにょ。

ただ、それでも買いたくなってしまうくらい付録が高品質だということでもあります。

(「大人のおしゃれ手帖」12月号の付録予告も見るとちょっと気になる…ツモリチサトとコラボのエレガントな大人リュック…)

宝島社さん、これからも素敵な付録をよろしくお願いいたします!

ちなみに、内容を読んでいて結構面白いと感じる雑誌はSaita(サイタ)とかサンキュ!とかの主婦雑誌ですね、やっぱり。ライフスタイルが近いのが大事ということね。

庶民主婦の管理人がお送りいたしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする