【日本一幸せ!?】30代専業主婦を楽しむための方法

専業主婦を楽しむ

こんにちは!30代専業主婦の管理人です。

3年ほど前までは中小企業のOLをしていましたが、出産を機に退職してから専業主婦をしています。

以前見たAll Aboutの記事で、都会暮らし30代専業主婦が日本人の中で最も幸福度が高いというものがありました。

最も幸せな日本人像は「30代専業主婦!?」

都会暮らし、はちょっと違いますが、田舎暮らしというほどでもないので割とこの「日本一幸福度が高い」専業主婦層に当てはまる管理人。

幸せか…?と問われればやっぱり「幸せ」でしょうね。

一億総活躍だとかで女性の社会進出を進めようとする動きもありますが、最近の若い女性には専業主婦になりたい人も根強く多いようです。(そもそも、管理人は専業主婦が活躍していないとは思いませんが。)

ただ、もちろん日本の全ての30代専業主婦が幸せだと感じているわけではありませんし、専業主婦には向き不向きもあると思います。

今回はそんな専業主婦ライフを楽しむための土台とマインドについて考えてみたいと思います。

Sponsored Link

1、夫の意向

専業主婦として生活していく土台として、結婚相手である夫の意向が最も重要です。基本的には収入のない専業主婦は夫に扶養してもらうことが前提になってきます。

そのため夫に嫌だと言われてしまうとそれまでです。逆に、夫に希望されていれば(経済的なレベルは置いておけば)専業主婦に「なる」ことは可能でしょう。

わが家は専業主婦希望派というわけではなく、どちらでもの「ご自由に派」ですが、実際の専業主婦家庭はこれが一番多いかもしれませんね。特に子供が産まれたのを機に、という家庭がメジャーかと思います。

専業主婦になりたい場合、夫の意向はしっかり確認しておきましょう。

また、夫婦関係を良好に築くこともとても大切です。

2、世帯収入

夫の意向に続いて重要なのはやはり収入でしょう。

専業主婦になるために必要な年収は600万だとか800万だとか色々と言われていますが、30代の専業主婦家庭でその世帯年収を超えていることは実際はそれほど多くないのではないかと思っています。

と言うのも、30代の主婦はちょうど出産・子育て期のピークである場合が多いため、乳幼児期のみ専業主婦として家庭にいる場合もあると推測されるからです。

経済状況次第で、子供が就学するとパートなどで働きに出る主婦は多いでしょう。

つまり、夫がそれほど高収入でなくでも一時的に専業主婦になることが可能なケースは多いでしょう。600万ないから専業主婦ができない!ということもないわけです。

もちろん贅沢三昧のセレブ専業主婦生活がしたい!という女性は高収入の男性を見つけなければなりませんが…狭き門なのは言うまでもありませんね。

お金がかかる趣味があまりない節約が苦にならない女性であればより少ない収入でも専業主婦としてやってけるでしょう。

3、一定以上の貯金をしておく

専業主婦になる前に、一定以上の貯金があることが望ましいです。

専業主婦と言うのは非常に不安定リスクは高めの状態であるということは理解しておいた方がいいでしょう。

夫の失業病気離婚など想定外のアクシデントで生活が破たんしてしまうこともあり得るからです。

普段からできる限り健康に気を使ったり夫との仲を良好に保つ努力はもちろん、いざという時のために多少の蓄えがあれば危機を乗り越えることも可能になります。

具体的にどれくらい必要かは各家庭の家族構成や生活水準によっても変わってきますが、最低半年から1年は生活していけるだけの蓄えがないと綱渡りの生活と言えるかもしれません。

もちろん専業主婦になった後もしっかり貯金していきましょう。

4、社会との関わり・達成感

専業主婦の悩みでよく聞くのが、家庭での生活がほとんどなので社会との関わりが希薄になって満たされないというものがあります。

仕事をしていないと同僚と話す機会もありませんし、働いている友人とはなかなか会えないなど、家族以外と会話する機会があまりなくて孤独を感じやすいようです。

そういった状態が平気な人は問題ありませんが、そうでない場合なにか自分なりの社会との関わり方を持つことをお勧めします。

また、専業主婦のメインの仕事と言える家事は基本的に単調な作業が多いものです。

毎日頑張っても仕事ではないので給料はもらえませんし、同じことの繰り返しに虚しさを感じてしまう…という悩みも専業主婦特有のものですね。

この状態にならないためには、達成感を感じられる趣味を持つのがおすすめです。

習い事などをして社会性と趣味の両方を繋いだり、費用をかけられない場合はブログなどでの情報発信・WEB上でのコミュニケーションで代用することもできます。

5、お金をかけないことを楽しむ

高収入の夫から高額のおこずかいをもらっている一部のセレブ主婦を除けば、自分の自由に使える金額はそれほど多くない専業主婦が多いでしょう。

節約の特集を良く組んでいるような主婦雑誌で登場する専業主婦はおこずかいが月に5千円くらいと書かれていたりしますね。

実際の平均値はもう少し多くて1万円~1万5千円くらいのようです。

また、おこずかいとして決まった金額があるわけではなくても、自分が働いていないことでお金を使うことに抵抗があるという主婦も多いようです。

私もある程度そういった意識が強くなり、買い物をする際に以前よりも本当に買うべきか考えてしまうことが増えました。

しかし逆に、良いものを安く探したりする楽しさを感じるようになった面もあります。

このブログで紹介しているものもそういった傾向が強いですね。(100均や激安服屋さんなど)

お金をかけない代わりに、アイデアを使って乗り切ったり、丁寧な暮らしをすることを楽しめることが専業主婦の良いところかもしれません。

まとめ

色々と書いてきましたが、専業主婦の生活は良い面も悪い面もあると思います。

大事なのは自分自身が専業主婦の生活に向いているかどうかなので、そこをしっかりと見極めることでしょう。

また、専業主婦だからと言って状況はいつ変わるかわかりません。家庭を守るために仕事をする必要ができたらいつでも働ける!という気概は持ち続けた方が良いと思います。

その上で、幸せな専業主婦ライフを送っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする