主婦雑誌「サンキュ!」で紹介されてたパンを作ってみた!【30分で簡単】

料理はあんまり得意ではないズボラめな30代専業主婦の管理人yukinaです。こんにちは!

世の中の素敵主婦の方たちはおうちでパンやケーキを作ったりしてすごいな~といつも思っていたのですが、先日私がたまに購読している節約系庶民派主婦雑誌「サンキュ!」を購入したところ、別冊付録として付いてきたレシピ本

最速&簡単 30分で魔法のパン

というパンのレシピがのっていました。

パンって手作りするとなるとものすごく手間も時間もかかって大変なことだと思っていた私ですが、「30分で簡単にできるの?」とがぜん興味がわいてきました!

というのも、私はパン(を食べるの)が大好きなのです!!

家で簡単においしい焼き立てパンが食べらる…と思うと、挑戦してみてもいいかな?という気持ちになってきました。

せっかくなので夫もいる休日に、子供とレジャー感覚で手作りパンを作ってみよう!と実践してみました(^^)

パン作りにかかった材料の値段も計算してみましたのでよろしければお付き合いください。

Sponsored Link

主婦雑誌「サンキュ!」の別冊付録レシピでパン作り

「サンキュ!」は月刊でベネッセから発行されている庶民派の主婦雑誌です。

毎号必ず「お金を貯める」特集が組まれていて、一般的な庶民家庭の収入でも工夫して節約したり、貯蓄したり、生活を楽しんだり…といった非常に等身大な記事が中心を占めている雑誌になっています。

超庶民の専業主婦である管理人も、毎号ではありませんが、気が向いたときに買って自由時間にお茶を飲みながら読むのが好きな雑誌の一つです。

料理やおやつのレシピもたくさん掲載されていて、参考にしたりもしているのですが、別冊の付録としてもよくレシピ本が付いてきます。

今月購入した5月号も、レシピ本が別冊で付いていました。

その中にあったのが今回私が挑戦してみた30分でできるというパンのレシピ。

パン屋さんの店長をされていたこともあるゆーママさんという方のレシピのようですね(^^)

ちなみに管理人はもちろんパン作りは未経験です!

初めての手作りパン、超初心者。

果たして成功するのでしょうか!?

材料を買ってきた!意外とシンプルなパンの材料

パン作りをするにあたって、当然パンの材料が必要になってきますが、普段パンなんて全く作っていない我が家ではもちろん材料がなかったのでスーパーで購入してきました。

強力粉は冊子の中でおすすめされていた日清の「カメリヤ」です。

スーパーのプライベートブランドの強力粉の方が安くて迷ったのですが(笑)何しろ初めてのパン作りなので可能な範囲では基本に忠実に行こうとこちらをチョイスしました。

ドライイーストも同じく日清の「スーパーカメリヤ」を購入しました。

そして普段我が家では使わないのでなかった無塩バター

失敗しないコツとして材料をきちんと計量する、デジタルスケールでグラム単位でしっかり計測するようにと書かれていたのですが…

そんなものはない

のでアナログのクッキングスケールで計りました。

デジタルほどの正確性はなさそうですが、どうでしょうかね(^^;)

それと、パンをこねるためのボウルも、耐熱ガラスボウルがおすすめされていましたが

そんなものもない

ので加熱できるように普通のうどん食べるときに使っているどんぶりにしました(笑)

そのほかの材料は牛乳、砂糖、塩なので家にありました。

基本的なパンの材料として購入したものは強力粉ドライイースト無塩バターだけです。

画像のもので全てです。

意外とシンプルな材料で大丈夫なんですね!

あと、後ほど書きますがアレンジ用としてこしあんも買ってきています(^^)

サンキュ!のパン、作ってみた!

では、早速作っていきたいと思います。

レシピ本を見ながら材料をまぜまぜ。

子供にも手伝ってもらいながら進めてみました。

子供はこういうの大喜びですよね(^^)こぼさないかちょっとハラハラしたりもしましたが、何とか無事材料をイン。

手ごねは4歳児には荷が重そうだったので私が!しかし…

すんごい疲れる!

乳酸が…乳酸が…

ボウル(というかどんぶり)を押さえながらこねるのが変な力が必要で(多分慣れている方は平気なんでしょう…)短時間ですが筋肉痛になりそうな作業でした(笑)

そして結構ベタベタと生地が手にへばりつくので「あれ?これでいいのかなぁ…」と不安になりつつ進めました(^^;)

とりあえずこねたものがこちら。

ちょっとべっちゃりしています…

こうなればOK!となんかちょっと違うので早くも失敗かとも思われましたが、初めてなので気にせず進みます!

ラップをしてレンジを使って発酵させることで時間を短縮しているようです。

レンジ→こねる→レンジ→こねる、と2回繰り返すと…

何となく、大丈夫な感じの見た目になってきました!ホッ。

ここから作業台にのばしていきます。

もちろん作業台などないのでステンレスパッド(を反対にしたやつ)の上に強力粉を軽くはたいて生地をのせてみました。

綿棒でのばして…

8等分していきます。

生地はなんだかふわふわもちもちしていて、ちょっと独特の香りがします。

ちなみにスケッパーもなかったのでケーキにクリーム塗るときに使うヘラで切ってます(笑)

生地を折って、丸めていきます。

奥が丸い基本のパン、手前は少し平たくして中にあんこを入れてアンパンを作ってみたいと思います!

管理人はこしあんが好きなのでこしあんパンです!

生地をのばしてあんこを包んでいきます。

結構楽しい作業でした(^^)

こちらもレシピ本にのっているのですが、アンパンの方はオーブンではなくフライパンを使って作れる、ということでレシピ通り平たくしてからゴマを乗せて準備完了です。

10分ねかせてから焼いていきます。

基本の丸パンの方も、オーブンを予熱しつつ10分ねかせていきます。

クッキングシートを天板にひいて、生地をのせ、固く絞ったガーゼをのせてねかせます。

オーブンの予熱始めが遅かったので(汗)、とりあえず先にこしあんパンの方から焼いてみました。

フライパンに並べてフタをして両面焼いていきます!

火力の記載がなかったのですが、とりあえず中火~弱火くらいでやってみました。

両面4分程度なので結構あっという間に焼けてしまいます。

レシピの分量で作った半分の生地であんパンにしましたが、26センチフライパンでちょうど4個余裕で入るくらいのサイズ感だったので良かったです。

そして焼けたフライパンこしあんパンがこちらです!!

おお~!!

始めてにしてはまあまあの見た目ではないでしょうか(^^)

ちょっとあんこはみ出してますが。

パン屋さんでもこの形状の平たい形のアンパンって売っていますよね。

ぱかっ。

アツアツのパンを割ると柔らかくていい香りがしました!

手作りパンというとちょっとパサついたり固かったり…というイメージがあったのですが、もう見事にやわらかモチモチの焼きたてパンができてしまいました

夫も息子も大喜びで、3人であっと言う間に完食。

ハッキリ言ってものすごく美味しく出来上がりました。

そうこうしているうちにオーブンの予熱も完了したので、基本の丸パンの方もオーブンへ投入します。

焼き上がりまで10分と、こちらも手軽な時間です。

10分後、見事に綺麗な色がついた可愛らしいフォルムのパンが焼きあがりました~!

かなり熱いのでフライ返しで取り出しました(笑)

見た目は完璧に普通のパンです。

かわいい。すごくかわいい。

アツアツのパンの中を割ってみると…

ふわっふわのもっちもちでしっとりですよー!

特別な味付けをしていない食事パンの位置づけだと思いますが、焼きたてはそのまま食べてもものすごく美味しいです。

正直、家庭の手作りパンで(しかも初心者の私が)ここまで本格的においしいパンを作れるなんて期待していませんでした…

アツアツのパンの中にバターを付けて食べたら…もう。

朝食などに焼きたてを食べたら本当に最高だろうなぁと思わせられる出来でした。

ちなみに、30分でできる!というキャッチコピーですが、全くの初めてだった私は手間取ったりもしたのでもう少しかかったと思います。

それでも1時間程度だったかな?

慣れれば30分で作ることは十分可能だと思います。

手作りパンのお値段はどれくらい?

さて、気になる手作りパンのかかった材料費ですが、

強力粉1キロ 335円を200グラム使用で67円

ドライイースト30グラム 268円を5グラム使用で45円

無塩バター150グラム 386円を15グラム使用で39円

牛乳1リットル 160円を150ミリリットル使用で24円

砂糖と塩はどの家にもあるもので、使用量も多くないので今回はノーカウントにしています。

合計で約175円でした!

基本の丸パンが8個焼ける分量で175円なので美味しい焼き立てパンを食べられることを考えたら安いものだと思います。

また、今回は使用しませんでしたがお安い強力粉などの材料を使えばもっと安く作ることもできそうですね。

お味がどうなるかというのは気になるところですが…

作って比べてみたら面白そうですね(^^;)

今回作ったパンのほかにも簡単なアレンジレシピがいくつか載っていたので、またぜひ手作りパンに挑戦してみたいと思いました!(材料もまだあるし)

ということで、「サンキュ!」別冊付録レシピの30分で魔法のパン、パン作り初心者でも本当に簡単に美味しく作ることができちゃいました

興味のある方はぜひ挑戦してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ